【まとめ】グッドデザイン賞のポータブル電源を解説。

2022-07-17

キャンプや防災など、幅広いシーンで活躍するポータブル電源。

最近では、価格も低くなってきており、検討している方も多いはずです。

 

とはいえ、ポータブル電源は多くのメーカーから多くのモデルが販売されており、「正直どれが自分に合うのか」わからないですよね。

 

本記事では、その中から「グッドデザイン賞を受賞したポータブル電源」について紹介します。

 

記事の内容

  • グッドデザイン賞受賞のポータブル電源はこの5つ。
  • グッドデザインでも、機能はどうなの?【解説】

 

記事を書いたひと

 

過去の「グッドデザイン賞受賞のポータブル電源」をまとめました。

受賞理由や特徴などもまとめているので、チェックしていきましょう!

 

 

 

グッドデザイン賞受賞のポータブル電源はこの5つ

グッドデザイン賞を受賞したポータブル電源を2016年からまとめました。

キャンプ向けだったり、防災用だったりがありますが、合わせて解説していきますね。

 

 

そもそもグッドデザイン賞って?

グッドデザイン賞とは、「毎年デザインに優れた物や事に贈られる賞」です。

 

公益財団法人日本デザイン振興会が主催しており、日本で唯一のデザイン評価・推奨の仕組みです。

 

ポータブル電源であれば、下記のようなことが評価の基準になっています。

  • 本体のデザイン性
  • 取り扱いやすさ
  • パフォーマンス性能

上記とおり。

 

製品ごとのグッドデザイン賞の受賞理由を確認すると、これらについて書いてあることが多いです。

それでは、「グッドデザイン賞受賞のポータブル電源」を見ていきましょう。

 

 

【2021】AC300【BLUETTI】

【2021】AC300【BLUETTI】

Amazonで見る楽天で見る

大容量、高出力の大型ポータブル電源。拡張バッテリーを最大4つまで接続でき、必要に応じて容量を増やすことができます。

防災用に、1台あると安心できるポータブル電源です。

 

評価理由

ユーザーのより良い使用体験のために企画された分割・モジュール方式の考え方は、各々の生活状況や予算に応じて必要な姿を変化させることができる非常に便利なものである。そしてその製品のもつ利便性を精緻なデザインで的確に表現することに成功している点が高く評価された。ブランド全体での製品デザインの統一感も素晴らしく、解像度の高い効果的な意匠表現となっている。
» グッドデザインアワード

 

 

2021portable power stationZUNDURE SuperBase Pro

【2021】portable power station【ZUNDURE SuperBase Pro】

Amazonで見る楽天で見る

キャリーがついており、重量のありがちなポータブル電源でも持ち運びやすい設計なのが特徴です。

アウトドアやキャンプなど、さまざまなシーンで、持ち運んで使いたい方などおすすめですね。

 

評価理由

近年、加速度的に進化しているポータブル電源。災害時や自然環境下において最低限のものというより、最高のパフォーマンスが求められてきている。充電への時短や可搬性など、この製品にもストレスフリーに対するアドバンテージが感じられる。デザイン性も高く、本体から伸びる伸縮ハンドルは、まるで旅行時のキャリーバッグのように軽快さを感じる。ソーラーでの急速充電は非常時には重宝するだろう。気候変動による災害への意識が年々高まってきている、この分野はますます進化していくだろう。
» グッドデザインアワード

 

 

【2020】ポータブル電源【エナジーステーション】

【2020】ポータブル電源【エナジーステーション】

Amazonで見る楽天で見る

スッキリしたデザインと、アルミの質感で、お洒落なポータブル電源です。

ボタンやコネクタの配置など、こだわり抜かれた設計です。

 

評価理由

大規模災害の頻度が高まる中で、災害に対する常備品としてオフィスや自宅の見えないところにしまわずに、目に見える所に置かれることを念頭に考えられた、すっきりとしたデザインのポータブル電源。時間で残量表示する大きなLED、ボタンやユニットの最小限化、アクセスのしやすさ、コンセントやUSBが互いに干渉しないよう距離が最適化された配置、アルミによる剛性と美観に優れた外装、ホワイトカラーのパネルによって暗闇でも、アクセスしやすくした点など、様々な工夫を重ねることによって防災器具としてあるべき姿が検証されている。
» グッドデザインアワード

 

 

【2019】ポータブル電源【PowerArQ】

【2019】ポータブル電源【PowerArQ】

Amazonで見る楽天で見る

「コヨーテタン」や「オリーブドライ」などアウトドアに馴染むカラーバリエーションを打ち出し人気となったポータブル電源です。

持ちやすい取手部分も、アウトドア向けに作られているポイントの1つです。

 

評価理由

ユーザーの機能的ニーズや製品が使用される状況がよくリサーチされており、それらが製品のデザインに適切に表現されている。シンプルで明快な各種インターフェイスの配置やグラフィックの処理も評価されたポイントとなった。外観の特徴となる大きなハンドルは、アウトドアでの使用にも耐えうる剛健な素材選定も意匠と機能がよりよく調和した結果と言えるだろう。製品企画と意匠のバランス感の良さが秀逸である。
» グッドデザインアワード

 

 

【2016】ポータブル電源【Anker PowerHouse】

【2016】ポータブル電源【Anker PowerHouse】

Amazonで見る楽天で見る

400Wクラスのポータブル電源で、当時最小最軽量のポータブル電源。

シンプルな操作と見やすいディスプレイも製品の特徴です。

 

評価理由

質実剛健なイメージが強かった充電式ポータブル電源に、すっきりと整理された外観と持ち歩きやすいハンドル、見やすい液晶パネル、同社の強みである急速充電技術を加え新しい提案に昇華している。今日の電子機器の充電のスタンダードであるUSBポートを4つ備え、余計な電源アダプターの携行も不要にしている。キャンプなどアウトドアライフを楽しむ際の電源としてはもちろん、非常用電源としても有望。
» グッドデザインアワード

 

 

以上、グッドデザイン賞受賞のポータブル電源の紹介でした。

ポータブル電源選びに参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

とはいえ、グッドデザイン賞以外のポータブル電源にも良い製品はたくさんです。

 

※グッドデザイン賞は、企業側から申し込まないとそもそも評価されないので、全てのポータブル電源が対象になっているわけではないです。

 

下記で「失敗しない選び方とおすすめポータブル電源」まとめてます。

【キャンプ向け】おすすめポータブル電源を比較厳選。

続きを見る

せび、参考にどうぞ。