【調査】氷点下でポータブル電源は使える?使えない?

ポータブル電源って、氷点下でもちゃんと使えるの?

冬キャンプの寒さ対策、十分にできるかな…。

 

ポータブル電源選びでは、こういった悩みがあるかと思います。

 

記事の内容

  • 【各社調査】ポータブル電源は氷点下でも使える?使えない?
  • ポータブル電源で効率よく、冬キャンプの寒さ対策 3選

 

書いた人

 

ポータブル電源が活躍するのは、冬キャンプです。

 

とはいえ、氷点下くらい寒くても大丈夫か心配ですよね。

 

本記事で「氷点下でのポータブル電源の使い方」について、サクッと理解しておきましょう。

 

 

【調査】ポータブル電源は氷点下でもちゃんと使える?

【調査】ポータブル電源は氷点下でもちゃんと使える?
Instagram@hidekitti

ポータブル電源は「氷点下でもきちんと使えるのか」冬キャンパーなら、知っておきたいところです。

各社のポータブル電源の使用温度を調べてみました。

 

 

各社ポータブル電源の使用温度

ポータブル電源の使用温度は、下記のとおりでした。

  • BLUETTI・・・-20~40℃
  • PowerArQ ・・・-20~45
  • Jackery ・・・-10~40℃
  • Anker ・・・0~40℃

上記のとおり。

※メーカーのポータブル電源を一部抜粋し、動作温度を記載しています。

 

使用温度が、0℃〜のポータブル電源は、氷点下では使用しない方が良さそうです。

 

メーカーによって、ややばらつきがありますが、-10℃や-20℃まで使えるポータブル電源もありますね。

氷点下の0℃以下のキャンプでも、ポータブル電源は使えそうです。

 

とはいえ「メーカー記載の注意点」もあるのでチェックしていきましょう。

 

 

ポータブル電源は氷点下でも使えるけど…

ポータブル電源は、氷点下でも使えます。

しかし、氷点下で使用する際には、気をつけておくべきポイントもあります。

 

具体的には、下記の2つです。

  • 雪や霜に気をつける。
  • 寒さで効率が下がる。

上記のとおり。

 

完全防水ではありません。

ポータブル電源は、入出力ポートやファン部分など水分が侵入できる箇所は多いです。

雪上や雪の降る中での使用は、ポータブル電源を濡らさないよう注意しましょう。

 

 

寒さで効率が下がります。

電源は、バッテリーの仕組み上、寒いほど、効率が下がります。

スマホの充電が、冬の外などだとすぐ無くなったりしますよね。アレと同じです。

 

少しの寒さくらいなら大丈夫ですが、氷点下の環境はかなり寒いです。
いつもより、「容量の減りが早いかも」くらいの余裕を持って使いましょう。

 

寒いからといって、本体を保温したり温めたりするのは危険です。

 

ファン部分を覆ったり、外部から温めたりすると、異常発熱により発火や胡椒などの危険があります。絶対に行わないようにしましょう。

 

 

【氷点下の寒さ対策】ポータブル電源の活用3選

【氷点下の寒さ対策】ポータブル電源の活用3選

氷点下の冬キャンプ、ポータブル電源無しでは、かなり厳しいですよね。

「賢く温まるポータブル電源の活用術3選」をシェアします。

 

 

電気毛布

寒さ対策で王道の電気毛布です。

300Whほどの電力を残しておけば、一晩中使うことも出来ます。

キャンプでも使える省電力。消費電力:3~31W

 

 

電気ケトル

朝のコーヒーやスープなど、氷点下の寒さではなかなかお湯が沸きません。

電気ケトルなら、数分で沸くので朝から温まることができますね。

 

ポータブル電源の出力 > 電気ケトルの消費電力であることをチェックしておきましょう。

 

 

電熱ベスト

ポータブル電源があれば、電熱ベストの充電も気にせず使うことができますね。

氷点下の寒さでは、電熱ベストも検討ありです。

 

 

以上、氷点下でのポータブル電源の使い方でした。

 

キャンプ用のポータブル電源を検討している方は、下記もチェック必須です。

【キャンプ向け】おすすめポータブル電源を比較厳選。

続きを見る